せどり初心者は必見!ブックオフ直営店とFC店の見分け方!

目安時間:約 9分

​こんにちは。じんのすけ、です。

 

今回はブックオフの店舗についての見分け方をご紹介したいと思います。

 

中古雑誌せどりを行うときに、

活用させて頂くブックオフですが直営店とFC店が存在します。

 

この見分け方や特徴が分かるとせどりを効率的に行うことができ、

結果として稼ぎやすくなるわけですね。

 

特徴を把握せずに闇雲に仕入れを行っていては

非効率になってしまい作業時間を無駄にしてしまうことになります。

 

ちょっと意識してみるだけで、

店舗の特徴も見えてきますのでぜひ覚えておいてくださいね。

 

それでは、いきましょう!

直営店とフランチャイズ店(FC店)

直営店とフランチャイズ店の大きな違いですが、

直営店はブックオフコーポレーションが運営しており、

フランチャイズ店はブックオフ以外の会社が運営しています。

 

特徴を以下にまとめますね。

 

【直営店】
・大型の店舗を保有しているので商品の回転率も良く品揃えが豊富
・全国共通のコンピュータ管理システムを利用してるため販売価格はどの店舗でも同じ
・FC店と比べるとセール開催は少ない。GW、お盆、正月ぐらいでしょうか

 

【フランチャイズ店】
・ブックオフコーポレーション以外の会社が運営している
・商品の品揃えは地域や運営会社によって異なる
・直営店に比べると商品の品揃えは劣ってしまう
・本の値段に関しては店舗ごとに決められるので価格は異なる傾向にある
・同じ商品であれば直営店よりも安い値付けがされている可能性が高い

 

見分け方は色々ありますが、ホームページのURLをみれば確実です。

 

例えば、直営店ですと

 

●BOOKOFF 早稲田駅前店
https://www.bookoff.co.jp/shop/shop20386.html

 

フランチャイズ店ですと、

 

●BOOKOFF 網走店
https://www.bookoff.co.jp/shop/shop10519.html

 

shopのあとの数字が2になっているのが直営店で、
shopのあとの数字が1になっているのがFC店です。

 

あなたのお近くのお店が直営店なのか、FC店なのかを頭に入れておきましょうね。

⇒ https://www.bookoff.co.jp/

 

フランチャイズ店は店舗ごとの特徴がよくでている!?

フランチャイズ店は各店舗で特徴がしっかり出るので、自分がよく行く店舗のクセをしっかりと把握しておきましょうね。

 

実際には、中古雑誌転売を続けていると特に意識をしていなくても、

 

「この店、値付けがキビシイ!」

 

「商品の入れ替えが少ないなぁ」

 

なんてことに気がついてくるんですが、しっかりと自分のなかで

 

●この店の特徴はどうだろうか?

●毎週○○曜日の○○時に本の補充が行われなる

●月のはじめに価格の見直しがはいる

●店舗独自の値引き基準がある

 

ということを意識してみるようにすれば、仕入れがぐんとラクになります。

 

毎日、店舗に通わなくても本の補充が行われる曜日がわかっていれば、

その日だけ仕入れに行けばいいですし、価格の見直し時期が月始めだとわかっていれば、

その時期だけ集中して仕入れに行くというやりかたができます。

 

こういったことを理解しておけばライバルより先に

お宝本をゲットできる確率が高くなるわけですから、意識する価値はありますよね。

 

私が実践している「ゆるせど」はいかにゆる~く中古雑誌せどりを実践して、

稼いで行くか!がコンセプトですからこういった意識して実践するということも重要になってきます。

 

私が行く店舗の特徴

ちなみに、私が良く行くお店は3店舗ほどあるんですが特徴としてはこんな感じです。

 

①大型店
・本のジャンルが多い
・本の入れ替えがはやい
・店独自の割引シールあり
・店独自のセールを実施する
・コミックセット本も多く、20%引きは当たり前。50%引きもあり

 

本だけでなく家電や日用品なども扱っている大型店。大型店だけあって、お客さんの入りはとても多いので本の入れ替えが早いです。

 

店舗に行くたびに店員さんが本の入れ替えを行っているので本の回転率はそうとう良いですね。

 

本のジャンルが多いというのはメリットではあるんですが、せどりを始めた頃はその数に圧倒されてどこから調べていいかわからなくなりました。

 

慣れてくると優先すべきジャンルの本などがわかってくるんですが、それでも2、3時間では調べきれないほどの本があります。

 

②小型店A
・店自体が狭いので本の種類は少ない
・ところてん(価格変更)がよく行われる
・セールは頻繁に開催されない
・本の回転率は低い

 

郊外にある店舗で人の入れはまちまち。本の種類は少ないですが、

それがダメかと言えばそうでもないという印象。

 

本の種類が少ない分、

短時間で店内全てを見ることができるのがいいですね。

 

あと、せどりに慣れてくるとわかってくる感覚的なんですが、

売れ残っている本がなんとなく頭に残っているので、入れ替えられた本は一目でわかるようになります。

 

その本だけをチェックすれば、効率の良い仕入れができるようになるわけですね。

この店舗での最大の特徴は、ところてんが多いということ。

 

ところてんってなんぞやって話ですが、

もともとの値付けでは売れなかったので更にシールを貼って値段を下げていく作業ですね。

 

シールの上から更にシールが貼られているのをよく見かけると思います。

 

 

価格が下げられているわけですから、利益が取れる可能性が大きいとうこと。

私はこのシールを優先的にチェックするようにしています。店舗で見つけたら、チェックしておきましょうね。

 

ブックオフのシールや特徴についてこちらで詳しくご紹介していますので合わせて覚えておいてください。

 

⇒ ブックオフの特徴

 

まとめ

自分の生活圏内で2~3店舗を回るようにして、

それぞれ特徴を掴んでおけば仕入れができなくなるということはありません。

 

メリット、デメリットをそれぞれの店舗で補うように、

この店舗はこのジャンル、じゃ、この店舗は違うジャンル。

 

などと自分のなかでルールを決めて効率的に仕入れを行ってみてくださいね。

———————————————————-

初心者・お小遣い稼ぎランキング

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして。

 

当ブログにご訪問いただいてありがとうございます!

 

じんのすけ と申します。

 

現在、会社員をしながら副業でネットビジネスを行っています。

 

色々なジャンルに取り組みましたが、ネットビジネス初心者には中古雑誌せどりがオススメと強く感じています。

 

詳しいプロフィールは下記にて

⇒  詳しいプロフィール

いつも応援ありがとうございます!

初心者・お小遣い稼ぎランキング

カテゴリー
最近の投稿

ゆるせどで副収入をゲット!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓