Amazonへの納品に必要な雑誌の梱包材料はこれがオススメ!

目安時間:約 9分

さて、ゆるせどの仕入れツアーに参加してから、
雑誌を仕入れるペースが格段に早くなり、

 

在庫が増えてきたので

アマゾンへの納品準備を進めています。

 

Amazonへ納品する際には、

雑誌を梱包する必要がありますが
その材料について今日はお話しますね。

 

きょくりょく梱包材料にはあまりお金をかけずに作業を進めたいでしょうし、
よかったら、私が使用している材料を参考にしてみてください。

Amazonへの納品に必要な雑誌の梱包材料

まず、アマゾンへの納品には下記の梱包材料が必要です。

 

●シールはがし液
●綿棒
●ウェットティッシュ(除菌シート)
●キッチンペーパー
●OPP袋(透明な袋)
●セロハンテープ

 

中古の雑誌とはいえ、梱包が汚いと
購入したお客さんはがっかりしてしまいますよね。

 

なので、できるだけ新品に近づけるように
丁寧にクリーニングをして透明な袋に入れて綺麗な状態で出荷しましょう。

 

その際には上記の材料は最低限必要なのでしっかりと準備しましょうね。
では、個別に私がどんなものを使用しているか順番に紹介します。

シールはがし液

ブックオフで雑誌を購入すると必ず値札シールが
ついていますのでこれをまず剥がします。

 

この液を使わずにシールを無理やりはがすと
雑誌が汚れたり、傷ついたりしますので絶対に無理はがさないようにしましょう。

 

シールはがしって調べてみるとたくさん種類があります。

 

●シール剥がし 楽天

 

ネットでも色々と販売されていますが100均のもので十分です。
私が使用しているのは、100均のダイソーで購入したもの。

 

 

価格はもちろん、100円なので超お得です。
量は少なくないように見えますが、本何冊分でしょうか!?

 

500冊分ぐらいはあるんでしょうかね。
まずは、これで1本あれば十分足りると思います。

 

使い方はとても簡単です。

 

シールはがし液の中には、綿棒とヘラが入っていますので
綿棒に液をひたして、値札シールにペタペタと塗りこみます。

 

1分間ぐらいしたら、ヘラを使ってシールをはがしていきます。
シールに液がしっかりと染み込んでいたらスーっとシールがとれます。

 

シールが取れにくい場合は再度はがし液を塗りこんで
少し待ってから剥がすようにしてください。

 

無理をして雑誌を傷つけないようにしてくださいね。

綿棒

シールはがし液の中には、綿棒が入っていますが1本しか入っていません。
1回使ったらなくなってしまうので予備を準備しておきましょう。

 

こちらも、100均のもので十分です。
私が使用しているのがこちらの綿棒。

 

 

100円で120本入り。

 

 

大体、雑誌20冊で1本のペースで使っていますので
2000冊分ぐらいはありそうですね。

ウェットティッシュ(除菌シート)

値札シールをはがし終えるとアルコールが入った
ウェットティッシュで雑誌の表面を綺麗に拭きます。

 

値札シールのねばつきや雑誌表面の汚れなんかを
拭き取ることができるのでより新品の雑誌に近づくことができます。

 

少し汚れていた雑誌も見違えるように綺麗になるので
作業をしているととても気持ちがいいです。

 

お客様に喜んでもらえるよう丁寧に作業しましょうね。

 

私が使用しているのは、こちら

 

100均ダイソーのドラえもん除菌シート!

キッチンペーパー

ウェットティッシュで雑誌の表面を綺麗にしたあとは、
キッチンペーパーでキレイに乾拭きしましょう。

 

シールはがし液を拭き取る際にも役立ちますよ。

 

 

こちらも、100均ダイソーの品です。

OPP袋(透明な袋)

キッチンペーパーで仕上げができたら、OPP袋に雑誌をいれていきます。

綺麗にクリーニングして、この袋に入れると新品っぽく見えます。

 

私が使っていたのは、100均ダイソーのもの。
B4サイズのもので、このサイズであれば大抵の雑誌は梱包できます。

 

☆写真

 

1袋に10枚入っているので、1枚あたり約10円になります。

 

始めてアマゾンに納品するときは早く作業をしたかったので
100均で勢いで購入しましたが、よくよくゆっくりとネットで探せばまだまだ安いものがありました。

 

●楽天

 

100枚入りで600円ほど(送料込)。1枚あたり約6円なのでかなりお得ですよね。

セロハンテープ

OPP袋をとめるためにセロハンテープが必要になります。
私はテープも100均ダイソーで購入しました。それが、こちら。

 

 

セロハンテープってどれも一緒だろうと思ってたんですけど、
けっこう質感が違うんですよね。

 

100均のものは厚さが薄いからなのか、なんか紙っぽい感じがするんです。
使っていたら、すぐに切れてしまいそうなんです。

 

まぁ、実際に雑誌を梱包していて
切れたことはないので問題はないんですけど。

 

100均のものは70冊ほど梱包したらテープがなくなりました。

 

思っていたより早くなくなったなぁという感覚なので
予備のセロハンはしっかりと準備しておきましょう。

 

替えのセロハンテープは一般的に売られているものを使用。

 

●セロハン

 

実際に付け替えて使用していると質感がやっぱり違うんですよね。
作業していても変なベタつきも、ありませんし。

雑誌の梱包材料のまとめ

私が使用している雑誌の梱包材料やオススメ品を紹介しました。

 

いざ、納品の作業をするとなると結構バタバタするので
道具は前もって、しっかりと準備しておきましょうね。

 

では、梱包に必要な材料をもう一度まとめておきます。

 

●シールはがし液
⇒100均でOK

 

●綿棒
⇒100均でOK

 

●ウェットティッシュ(除菌シート)
⇒100均でOK

 

●キッチンペーパー
⇒100均でOK

 

●OPP袋(透明な袋)
⇒コストを下げたいなら、ネットで!
⇒URL

 

●セロハンテープ
⇒100均でOK!?
⇒作業性を求めるなら少し高めのものを
⇒URL

 

 

 

———————————————————-

初心者・お小遣い稼ぎランキング

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして。

 

当ブログにご訪問いただいてありがとうございます!

 

じんのすけ と申します。

 

現在、会社員をしながら副業でネットビジネスを行っています。

 

色々なジャンルに取り組みましたが、ネットビジネス初心者には中古雑誌せどりがオススメと強く感じています。

 

詳しいプロフィールは下記にて

⇒  詳しいプロフィール

いつも応援ありがとうございます!

初心者・お小遣い稼ぎランキング

カテゴリー
最近の投稿

ゆるせどで副収入をゲット!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓